子供のうちから矯正歯科で歯を矯正させよう

子供のうちから矯正歯科で歯を矯正させよう

治療器具

顎の骨を正常に成長させるのが目的の第1期

子供の歯を矯正し始める時期は、大体3、4歳頃から始めるとよいでしょう。この年齢から小学校卒業の頃までを第1期と呼びます。乳歯だけの時期や乳歯と永久歯が混ざっている時期であり、顎の骨が十分に成長しきっていません。そのため、顎の骨を拡大させ、永久歯が正しく生えるように矯正していきます。東京には腕利きの歯科医師がいますので、お子さんの歯並びが悪ければ、この時期から矯正していくことにより、将来良い歯並びにできる可能性が高くなります。

歯科

歯並びを改善させるのが第2期

小学校卒業から成人するまでの時期が第2期です。この時期になると、顎の成長が完了していますので、本格的に歯並びを矯正する治療をしていきます。ただ、矯正歯科によって実施される治療法が異なります。梅田には色んな矯正歯科がありますので、どういった治療内容となるのか聞いておくと安心です。

矯正する際の施術法の違い

ワイヤー矯正

ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯に装着して、ワイヤーでつなぐ方法です。最も一般的な矯正方法でしょう。

マウスピース矯正

透明のマウスピースを装着して矯正する方法です。透明なため、治療中であることが周りにバレにくいというメリットがあります。

広告募集中