虫歯には進行レベルというものが存在している

口の中を適切にケアしていないと、虫歯菌が歯を溶かし虫歯になってしまいます。なお、一口に虫歯と言っても進行度合いにより5段階にレベル分けされています。進行度によってどのような治療をすべきか異なるのです。小金井には、腕の良い歯医者が在籍している歯科が存在していますので、なるべく早い段階で治療を開始するのが大切です。

虫歯の進行度ランキング

no.1

C4

一番酷い状態です。歯の根元の部分まで虫歯が進行してしまっているので、歯を残すことができません。抜歯する治療法がとられます。

no.2

C3

象牙質より深いところにある、歯の神経にまで虫歯が進行している状態です。激しく痛む場合があります。歯の神経が生きている場合は、虫歯になっている部分を除去して、歯の神経を取り除いた後に、消毒してから被せものをします。

no.3

C2

エナメル質の下の層である、象牙質まで虫歯が進行している状態です。虫歯になっている箇所を削り取った後に、樹脂や金属でできた詰め物で埋めます。

no.4

C1

歯の一番外側の層であるエナメル質が溶け出して、小さな穴ができている状態です。虫歯の部分を削り、詰め物で削った部分を埋めます。

no.5

C0

歯に穴が開いていないため、自覚症状はありません。この段階であれば、治療の必要はなく、適切なケアをしていれば十分に改善できます。

オールオンフォーの相談

丈夫な歯をキープする秘訣は虫歯を予防すること【歯科も利用しよう】

歯科

ブラッシングをする

虫歯など、歯のトラブルを守るには日ごろから予防に努めることです。最も基本的な虫歯の予防法は毎日のブラッシングです。毎日磨くのは当然ですが、磨く際は、歯ブラシを小刻みに動かしながら磨くのがコツです。また就寝中は唾液の分泌が少なくなり、虫歯菌が増殖しやすいので、就寝前には必ず歯を磨くようにしましょう。

歯

砂糖が入っているものの摂取を減らす

虫歯菌は食べ物や飲み物に含まれている糖を栄養源とし、酸を出します。この酸が歯を溶かすのです。そのため、砂糖が含まれている飲食物を摂取する時間が多ければ多いほど、酸がどんどん出るようになるでしょう。この状態を回避するには、なるべく摂取する時間を減らすのが、虫歯予防に繋がります。

口元

デンタルケアグッズを活用する

歯ブラシだけでは、食べかすや歯垢を完全に除去することはできません。歯間ブラシやデンタルフロスなどのデンタルケアグッズを活用しましょう。歯と歯の間は食べかすや歯垢が残りやすい部分のため、歯間ブラシやデンタルフロスを使えばキレイに取り除くことができます。こういった方法は、小金井などの歯科でもおすすめされているケア方法です。

歯型

プロに歯をチェックしてもらおう

先述の方法を実践すると効果的に虫歯を予防することができますが、より確実性を求めるなら、専門の歯医者や予防歯科などで定期検診を受けることをオススメします。見沼区には丁寧な対応をしてくれる歯科がたくさんありますので、口の中を隅々までキレイにしてくれるでしょう。

インプラント治療なら明石で受けよう

毎日の努力が大切

日頃から意識しないと、虫歯の予防をすることができません。毎日の積み重ねが重要なのです。そうすれば、虫歯になることもなく、健康な歯を維持することができるでしょう。

[PR]
池袋の歯科へ相談
先生が丁寧に説明してくれる

矯正歯科は梅田で利用すべし 茅ヶ崎で歯医者さんを利用しよう

広告募集中